マスクの裏側の政策

マスク

ここ相模原市では 
5/15現在、新たなコロナ感染1名(78人目!)
(既に60名はもう回復したそうです)市のホームページより

5/8には北里大学病院の医師が罹患・・・
医療現場の方々本当にありがとうございます

テレビで医療現場にいる人のコメントを紹介
看護師さん→「自分が看護師をしていることで娘への偏見がある。
今辞めて他の仕事に就いても、自分自身への言い訳で苦しくなることが分かっているから、娘には申し訳ないけれど、この仕事を途中で投げ出すこともできない。」

胸がギュッとなった

緩和されたら、解除されたら
第二波は 必ずやって来る
さて、私はいったい何が出来るのだろう?

アベノマスクでは、異物混入で回収というお粗末な結果を招いていますが、そのアベノマスクの裏側では、一般人がおよそ理解できない言葉を連ねた政策がたくさん発表されています。
特にわかりにくいのは 厚生労働省と経済産業省 
一般人をバカにしているのか?私がバカなのか?

中小企業の経営者が窮地に立たされている今、必要な支援はどれ?
ZOOMセミナーなど収集した情報を身近な友人へお伝えすると
すっごく喜んでくれた!のでここに紹介します

1)特別定額給付金(全員貰える10万円)
2)持続化給付金
3)協力金(東京都・神奈川県)飲食店など
4)実質無利子・無担保融資
5)雇用調整助成金

1)と3)は、実際に申請までを実践してみました。
が、本当にわかりにくい

東京都の協力金(第1回目)は6/15が締切ですので、東京都内の方はお急ぎください!
また、税理士、公認会計士、行政書士等へ依頼する場合の費用(8000円)は都が負担してくれますよ!
ここで、色んなものが見えてきたよ~
政治家の批判する気はありません 不安な気持ちを開放できる糸口が欲しい