インターネット重要事項説明って何?賃貸限定って本当?

物件探しが終わったら、いよいよ不動産の契約ですね!

インターネットで物件を見ていると、「IT重説対応」という文字が。

一体、これはどういう意味なんでしょうか?

そもそも、重要事項説明って何なのでしょうか。

重要事項説明って何?

「不動産の重要事項説明」って、なんだか難しそうに聞こえますよね。

簡単に言うと、不動産を契約の際、顧客に対して不動産業者から契約内容の説明をすることです。

宅地建物取引士が実施することが法律上義務付けられているのです。

事前に契約内容を確認しないと、大きなトラブルに発展する恐れもあるからです。

インターネット重要事項説明って何?賃貸限定って本当?

この重要事項説明が、2017年10月1日からインターネット上でも実施が可能になりました!

(出典:国土交通省)

インターネットであるメリット

  • 遠方の顧客と対面で直接説明できる(交通費と時間の削減)
  • 日程調整が容易(夜遅い時間でも大丈夫かも?)
  • 顧客がリラックスして説明を受けられる(自宅でOK)
  • 来店困難でも説明が可能(例えば入院中など)

インターネット重要事項説明実施の条件

  • インターネット環境が整っていること
  • 音声&映像がクリアであること
  • 事前に書類を送付した上で、双方で書類確認ができること
  • 宅地建物取引士証を画面提示し、契約者がそれを視認できること

しっかりと現地に行って内見を行った上であれば、重要事項の説明はインターネット上で受けても大丈夫!

ただし、現状では賃貸借契約における借主への重要事項説明に限られます

また、不動産業者の中でも、対応可能と非対応がありますので、事前に確認しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です